ページ上部へ戻る

永田英之院長からのメッセージ
トップページ > 永田英之院長からのメッセージ

永田英之院長からのメッセージ

2015年12月20日(日)6:41 午後
Pocket

 みなさん、こんにちは。東京漢方堂鍼灸整骨院の永田英之です。もうすぐ2015年も終わりに近づきましたね。
 今年は皆様にとってどんな1年でしたでしょうか。12月は何かと忙しい時期ではございますが、ゆっくりと1年をふり返り、軌道修正をすることは心やカラダにとてもプラスに働いていきますよ。   

 旧暦では、12月7日は“大雪(たいせつ)”といいます。山の峰々は雪をかぶり、平地にも雪が降る頃です。本格的な冬の到来で、動物たちも冬ごもりを始めます。年末に向け、お正月の準備も始まって、何かとあわただしい時期でもありますね。 12月22日は“冬至(とうじ)”です。太陽が最も低い位置にあり、1年で最も夜が長く、昼が短い日です。太陽の力が一番弱まる日ですが、翌日からは再び強まるということから、運が向いてくるとされています。昔から冬至には、冬至かぼちゃ、柚子湯などで、厄払いや無病息災を願ってきました。また、旧暦では翌年の暦はこの日を計算することから作り始められるため、暦の上で最も大切な日と考えられていました。   

 12月といえば花の少ない季節ですが、こんな時にも常緑の木々の花が咲いているのです。街で見かける花として思い浮かぶものは“椿(つばき)”や“柊(ひいらぎ)”。どちらも濃緑の厚い葉で季節を問わず蓄えた樹ですが、他の木々が葉をつけているうちはその緑に埋もれて目立たなかったその姿が、多くの木々が葉を落としていくにしたがって、浮かび上がるように現れてきます。忙しい季節にこそ、12月の花が心を癒してくれるかもしれませんね。



«   |   »

東京漢方堂鍼灸整骨院

住所 〒116-0003
東京都荒川区南千住1-18-3
アクセス 日比谷線 三ノ輪駅から徒歩3分
都電荒川線 三ノ輪橋電停から徒歩1分
診療時間 8:00〜19:00(昼休みなし、日曜日17:00まで)
休診日 木曜日

電話番号



大きな地図で見る

メールでお問い合わせはこちら

過去の記事