ページ上部へ戻る

レシピ 
トップページ > レシピ 

レシピ 

漢方理論&薬膳 連載61 レシピ 体ぽかぽかジンギスカン

2016年12月14日(水)2:51 PM レシピ , 漢方
北海道の郷土料理でおなじみのジンギスカン。寒い土地のお料理は体を温める知恵が詰まってました。 体を温め、気血を補い、血行を良くします。寒さと冷えで肩こりや頭痛にお悩みの方にもお勧めです。「体ぽかぽかジンギスカン」材料:羊 […]

続きを読む

漢方理論&薬膳 連載60 腎に良いもの

2016年11月22日(火)10:40 AM 漢方
前回までに五行の水に属する腎の特徴と働き、腎の関わる疾患についてお話してきました。腎は水の代謝に関わることから、いつも冷たい環境に置かれていますが、冷えることを嫌います。特に腎陽を補うためには温かい環境が必要と言われてい […]

続きを読む

漢方理論&薬膳 連載59 腎の疾病

2016年11月15日(火)10:39 AM 漢方
今までお話してきたように漢方理論で腎は先天の本として、生殖・成長・滋養に関わる精を貯蔵し、水の代謝や気の巡りにの気を調節し、呼吸や水の代謝をコントロールする働きがありました。全身の陰陽の本となる腎陰と腎陽が生み出される場 […]

続きを読む

漢方理論&薬膳 連載58 恐・驚について

2016年10月31日(月)1:18 AM 漢方
私たちは生活の中で様々な感情と向き合います。この感情も五情と呼ばれ、五行に分類することができます。 漢方理論で水に属する五情は恐(おそれ)と驚(おどろき)です。何かを恐れたり、強い驚きを感じたりすると、同じ五行の水に属す […]

続きを読む

漢方理論&薬膳 連載57 耳・骨・髪について

2016年10月28日(金)1:18 AM 漢方
漢方理論では腎の働きが現れる場所として、耳・骨・髪をあげています。聴力は腎精と関わりが強く、腎精が充実していると、耳を滋養し、よく聞こえるようになるとされています。 また、「髪は血の余り」言われ、美しい髪は血が豊富で滋養 […]

続きを読む

漢方理論&薬膳 連載56 膀胱について

2016年10月21日(金)9:29 AM 漢方
膀胱は漢方理論で六腑(ろくふ)と呼ばれる臓腑の一つです。五臓六腑という言葉でおなじみのように、体内の臓腑の一つを指します。 膀胱は腎と同じ五行の水に属しており、水の代謝に関わります。水に属する腎と膀胱がどちらも水分代謝に […]

続きを読む

漢方理論&薬膳 連載55 腎について

2016年10月17日(月)9:09 AM 漢方
漢方理論で腎は五臓のうち水に属します。両親から遺伝により受け継ぐ物質は腎に貯蔵されるため、生命の根本であり、全身の陰陽の始まりとされ、「先天の本」と言われる大切な臓腑です。腎には気・血・津液と並ぶ基本物質の「精」が蓄えら […]

続きを読む

漢方理論&薬膳 連載54 寒について

2016年10月14日(金)9:07 AM 漢方
五行の水に属する自然界の気は寒(かん)です。この気が強くなりすぎて影響を与えるようになったものを寒邪(かんじゃ)と呼びます。水は漢方理論で冬の時期になります。一年でもっとも寒さが厳しいこの時期に活発になる寒邪は、陽気を傷 […]

続きを読む

漢方理論&薬膳 連載53 冬の特徴と養生について

2016年10月10日(月)9:05 AM 漢方
一年でもっとも寒さの厳しい冬は、自然界の陰が最も強い「陰気旺盛」の季節です。この季節は外での活動は控え、身体をゆっくり休め、次の季節に向けてエネルギーを蓄えることが大切です。漢方理論で「閉蔵」の季節と言われるこの時期に活 […]

続きを読む

漢方理論&薬膳 連載52 水について

2016年10月07日(金)9:00 AM 漢方
こちらのブログでご紹介していた五行学説も、いよいよ最後の一つとなりました。漢方理論で言う五行の5番目は、万物を潤し清める水です。 五行学説では季節や臓腑、自然界の気、身体の各器官、感情など様々なものがそれぞれの特徴ごとに […]

続きを読む

東京漢方堂鍼灸整骨院

住所 〒116-0003
東京都荒川区南千住1-18-3
アクセス 日比谷線 三ノ輪駅から徒歩3分
都電荒川線 三ノ輪橋電停から徒歩1分
診療時間 8:00〜19:00(昼休みなし、日曜日17:00まで)
休診日 木曜日

電話番号



大きな地図で見る

メールでお問い合わせはこちら

過去の記事