ページ上部へ戻る

ブログ
トップページ > ブログ

ブログ

漢方理論&薬膳 連載43 肺について

2016年07月26日(火)10:28 AM ブログ, 漢方
漢方理論で肺は五臓のうち金に属します。この臓腑は君主の官である心を補佐する「相伝の官」と呼ばれています。脾胃で作られた水穀精微は脾の昇清作用により肺に運ばれ、呼気で取り込んだ空気と合わさり宋気と言う気を作ります。このため […]

続きを読む

漢方理論&薬膳 連載40 金について

2016年07月09日(土)10:31 AM ブログ
 漢方理論で言う五行の4番目は金です。金は華やかで繊細な美しさを持ちますね。 五行学説では季節や臓腑、自然界の気、身体の各器官、感情など様々なものがそれぞれの特徴ごとに五行に分類されます。 金に属する季節は紅葉の美しくな […]

続きを読む

漢方理論&薬膳 連載37 梅雨時の薬膳料理

2016年06月27日(月)4:00 PM レシピ , 梅雨
梅雨時の食欲不振にお勧めの薬膳料理「とうもろこしごはん」材料:米  80g   とうもろこし  1/2本   紫蘇       5枚   生姜(皮つき)   5枚   塩        少々 作り方:①とうもろ […]

続きを読む

漢方理論&薬膳 連載36 脾にいいもの 

2016年06月24日(金)3:58 PM ブログ, 漢方
 前回までに五行の土に属する脾の特徴と働き、脾の関わる疾患についてお話してきました。 脾には「喜燥悪湿」という特徴があり、乾燥を好み、湿気を嫌います。食べ物を消化する働きがあり、常に湿気のある環境にいるため、脾が元気にな […]

続きを読む

漢方理論&薬膳 連載35 脾の疾病

2016年06月19日(日)9:17 AM ブログ, 漢方
 今までお話してきたように漢方理論で脾は「後天の本」と呼ばれる大事な臓腑です。 食べ物から水穀精微を作り、全身に運んだり、水の代謝に関わったりします。 血液循環をコントロール働きもあり、血液で筋肉を営養で潤し、育てます。 […]

続きを読む

漢方理論&薬膳 連載34 思について

2016年06月16日(木)11:05 AM ブログ, 漢方
 私たちは生活の中で様々な感情と向き合います。この感情も五情と呼ばれ、五行に分類することができます。 漢方理論で土に属する五情は思(おもう)です。 「思う」という言葉にはたくさんの意味がありますが、この気持ちが強くなると […]

続きを読む

漢方理論&薬膳 連載33 筋肉・口・唇について

2016年06月13日(月)11:04 AM ブログ, 漢方
 漢方理論では脾の働きが現れる場所として、筋肉、口、唇をあげています。 口は脾の入り口で、食べ物はここから入ります。 前回お話したように、口から入った食べ物は胃で受け止められ、最初の消化が行われます。これを脾が水穀精微に […]

続きを読む

漢方理論&薬膳 連載32 胃について

2016年06月05日(日)10:48 AM ブログ, 漢方
 胃は漢方理論で六腑(ろくふ)と呼ばれる臓腑の一つです。 五臓六腑という言葉でおなじみのように、体内の臓腑の一つを指します。 この胃は脾と同じように五行の土に属しています。 別名胃脘(いかん)と呼ばれ、上脘(噴門部)・中 […]

続きを読む

漢方理論&薬膳 連載31 脾について

2016年06月03日(金)10:48 AM ブログ, 漢方
 漢方理論で脾は五臓のうち土に属します。 この臓腑は胃と一緒に食べ物を受け入れ、消化し水穀精微(食べ物から作られた営養)を作り、気血を生成し、身体を営養し、水を代謝するなど消化器官の総合的な働きを行います。 食べ物の営養 […]

続きを読む

漢方理論&薬膳 連載30 湿について

2016年05月28日(土)1:25 PM ブログ, 漢方
 五行の土に属する自然界の気は湿(しつ)です。 この気が強くなりすぎて影響を与えるようになったものを湿邪(しつじゃ)と呼びます。 土に属する漢方理論での季節は梅雨になりますが、この時期は雨が多く、外気から湿を取り込みやす […]

続きを読む

東京漢方堂鍼灸整骨院

住所 〒116-0003
東京都荒川区南千住1-18-3
アクセス 日比谷線 三ノ輪駅から徒歩3分
都電荒川線 三ノ輪橋電停から徒歩1分
診療時間 8:00〜19:00(昼休みなし、日曜日17:00まで)
休診日 木曜日

電話番号



大きな地図で見る

メールでお問い合わせはこちら

過去の記事