ページ上部へ戻る

漢方理論&薬膳 連載50 「秋の味覚ごはん」
トップページ > 漢方理論&薬膳 連載50 「秋の味覚ごはん」

漢方理論&薬膳 連載50 「秋の味覚ごはん」

2016年09月28日(水)1:28 AM

夏の疲れが残っている人にお勧め。

秋の味覚を取り入れて、肺を養う元気になるご飯です。

「秋の味覚ごはん」

材料:米  1カップ

   ぎんなん 10g    

   しめじ  50g

   干ししいたけ 23枚 

   人参   30g

   鶏肉   50g

   落花生  5g   

   醤油   10g

   昆布   5

   白ごま  適量

  

作り方:①干ししいたけは戻して千切りにする。戻し汁はとっておく。

     米はといで浸水しておく。

     しめじはいしづきを取り、ほぐす。人参は千切りに、鶏肉とは一口大に切る。

     昆布は表面を吹いて1㎝角に切る。

     生のぎんなんを使う場合は、塩を入れたお湯でゆで、薄皮をむいておく

    ②浸水した米に白ごま以外の材料を入れ、椎茸のもどし汁を加え、水加減を             

     調節して炊く。

    ③器に盛り、白ごまをかける。

気を補う米、鶏、きのこ類と、肺の機能を高め、咳を止める働きのある銀杏と昆布。

血を補い肺を潤す落花生、白ごま、人参をつかった秋の味覚ごはんです。

きのこはお好みのもので試してみてくださいね。

 

参考文献

実用中医薬膳学 辰巳洋 2008 東洋学術出版

中医学・薬膳学の基礎 食薬学 2003 本草薬膳学院

薬膳の基本 辰巳洋 2008 緑書房

オレンジページムック 女の漢方的養生BOOK 2014 株式会社オレンジページ

オレンジページムック 漢方養生法 2004 株式会社オレンジページ

オレンジページムック 春夏秋冬自分で不調を治す 漢方的183のアイディア 2010 株式会社オレンジページ

東方栄養新書 体質別の食生活実践マニュアル 梁晨千鶴 2005 株式会社メディカルユーコン

実用中医学 辰巳洋 2009 源草社

薬膳講座資料2015年度版 大倉あやこ 2015 ハーブ薬膳Ayako



«   |   »

東京漢方堂鍼灸整骨院

住所 〒116-0003
東京都荒川区南千住1-18-3
アクセス 日比谷線 三ノ輪駅から徒歩3分
都電荒川線 三ノ輪橋電停から徒歩1分
診療時間 8:00〜19:00(昼休みなし、日曜日17:00まで)
休診日 木曜日

電話番号



大きな地図で見る

メールでお問い合わせはこちら

過去の記事