ページ上部へ戻る

異病同治と同病異治について
トップページ > 異病同治と同病異治について

異病同治と同病異治について

2015年03月16日(月)7:00 午前
Pocket

 この言葉は、東洋医学(漢方)の治療法の特徴をあらわしたものです。

 一般の方には、堅苦しい4文字熟語にしか見えないかもしれませんね。
しかし、漢方薬や鍼灸の治療を受ける上でも、大変役に立つ知識となりますので、
詳しく解説していきたいと思います。

 

異病同治~異なる病気を同じ治療法で治す

 東洋医学では、表面的な症状の治療よりも、その大元の根本原因の治療を重視します。

 それは、表面的に現われている様々な症状は、一見無関係のようでも、元をたどれば
1つの根本原因から派生している場合も多いからです。

 例えば、胃腸の働きが低下した場合、ひどくなると肩こり、めまい、腰痛、関節痛
なども引き起こします。西洋医学では、それぞれの症状に応じて個別に対処していくのに対して、
東洋医学(漢方)では胃腸を根本原因と考え治療をしていきます。根っこが同じであれば、
そこから枝分かれした症状にも、すべて同じ治療で対処できるということなんですね。

 このように、異なる症状であっても、原因が同じであれば同じ治療法で治せることを、
異病同治というのです。

 

同病異治~1つの病気を違う治療法で治す

 一方、同じ病気でもその人の状態や病気を起こした原因の違いによって、異なった漢方薬や
治療法が使われることがあるんですね。これを、同病異治といいます。

 例えば、胃がもたれて痛いという2人の患者さんがいます。一人はもともと胃腸が丈夫だけど、
暴飲暴食をして消化不良を起こしてしまった。もう一人は、胃腸が弱くて、沢山食べたわけでも
ないが季節の変わり目で消化不良を起こしてしまった。

 この2人は、一見症状が同じに見えますよね。実際、西洋医学では、この2人に処方される薬は
同じものであることがほとんどです。しかし、東洋医学では、表面的な症状よりも、それぞれの患者さん
の体質や病気の原因の方を重視するのです。

 つまり、東洋医学(漢方)では、1つの病気を引き起こした原因には様々なパターンがあり、
同じような症状や病気に対しても患者さんによってまったく違う治療を行うことがあるということですね。
この考え方を、同病異治といいます。

 こうした東洋医学(漢方)の考え方に基づくと、治療法だけでなく、普段の健康法や養生法もその人の
状態によって、それぞれに変わってくると言えますね。親子や兄弟姉妹であっても、体質は違うものです。
また、季節や環境によっても状態は変化をしています。普段から、ご自身の身体に興味を持ち、その時々に
あった健康法や養生法を取り入れていきたいですね。

 

参考:カラー図解 東洋医学基本としくみ/仙頭正四郎監修(西東社)

中医学から見た「病気でない病気」/小高修司(講談社)

老いを防ぐ「腎」ワールドの驚異/小高修司(講談社)

漢方の知恵でポジティブ・エイジング/木村容子(NHK出版)

女40歳からの「不調」を感じたら読む本/木村容子(静山社)

女50歳からの「変調」を感じたら読む本/木村容子(静山社)

 



«   |   »

東京漢方堂鍼灸整骨院

住所 〒116-0003
東京都荒川区南千住1-18-3
アクセス 日比谷線 三ノ輪駅から徒歩3分
都電荒川線 三ノ輪橋電停から徒歩1分
診療時間 8:00〜19:00(昼休みなし、日曜日17:00まで)
休診日 木曜日

電話番号



大きな地図で見る

メールでお問い合わせはこちら

過去の記事