ページ上部へ戻る

漢方理論&薬膳 連載⑨ 肝について
トップページ > 漢方理論&薬膳 連載⑨ 肝について

漢方理論&薬膳 連載⑨ 肝について

2016年04月05日(火)10:32 午前
Pocket

 漢方理論では肝は五臓のうち木に属します。このため伸びやかことを好み、上昇・発散させる「疏泄」という働きを持ちます。

 体の中で最も血液を豊富に含んでいる臓腑で、感情のコントロールや血液循環の調節、気の巡りを良くするなどの重要な働きを持っています。

 疏泄の働きは気の巡りをスムーズにして精神・情緒の安定を維持します。

 女性の場合は月経を正常に保つのに肝が非常に大きな働きをするため、生殖能力に関してもとても大事な臓腑といえます。

 また、蔵血という血を蓄える性質があり、この働きにより目を養い、感情の興奮状態を防いで安眠を促し、関節の動きを円滑にする働きもあります。

 このため、肝の働きのバランスがとれないと生理不順が起きたり、怒りっぽくなったり、不眠がちになったり、めまいや頭痛がふえたり、様々な症状が起こってきます。

 気持ちと体にとても大切な臓腑である肝。こちらのブログで肝を養う薬膳についてもご紹介していきますね。

 

 

参考文献

実用中医薬膳学 辰巳洋 2008 東洋学術出版

中医学・薬膳学の基礎 食薬学 2003 本草薬膳学院

薬膳の基本 辰巳洋 2008 緑書房

オレンジページムック 女の漢方的養生BOOK 2014 株式会社オレンジページ

オレンジページムック 漢方養生法 2004 株式会社オレンジページ

オレンジページムック 春夏秋冬自分で不調を治す 漢方的183のアイディア 2010 株式会社オレンジページ

東方栄養新書 体質別の食生活実践マニュアル 梁晨千鶴 2005 株式会社メディカルユーコン

実用中医学 辰巳洋 2009 源草社

薬膳講座資料2015年度版 大倉あやこ 2015 ハーブ薬膳Ayako



«   |   »

東京漢方堂鍼灸整骨院

住所 〒116-0003
東京都荒川区南千住1-18-3
アクセス 日比谷線 三ノ輪駅から徒歩3分
都電荒川線 三ノ輪橋電停から徒歩1分
診療時間 8:00〜19:00(昼休みなし、日曜日17:00まで)
休診日 木曜日

電話番号



大きな地図で見る

メールでお問い合わせはこちら

過去の記事