ページ上部へ戻る

漢方理論&薬膳 連載①
トップページ > 漢方理論&薬膳 連載①

漢方理論&薬膳 連載①

2016年03月22日(火)12:59 午後
Pocket

皆様、薬膳ってどんなイメージがありますか?

よく言われるのが「漢方くさい料理?」「怪しいものが入ってる?」(笑)

 薬膳はもともとは漢方理論をもとにした食事療法のうち、漢方薬をお料理に取り入れたものが起源で、病気の方を対象に作られたものだったそうです。現在では健康の維持や病気の予防に効果のある食事を指し、健康な方の病気の予防にも薬膳が活用されています。

中国の有名なお医者様である孫思邈(そんしばく)氏は「食で治療し治らない時に薬を使う」という名言を残されています。このことから漢方理論で食がどんなに大切にされていたかわかりますね。

 また、薬膳では漢方薬だけではなく食材一つ一つにも病を予防したり治療する力があると考えられています。

 次回からのブログで薬膳や漢方理論について詳しくご紹介していこうと思っています。どうぞよろしくお願いします。



«   |   »

東京漢方堂鍼灸整骨院

住所 〒116-0003
東京都荒川区南千住1-18-3
アクセス 日比谷線 三ノ輪駅から徒歩3分
都電荒川線 三ノ輪橋電停から徒歩1分
診療時間 8:00〜19:00(昼休みなし、日曜日17:00まで)
休診日 木曜日

電話番号



大きな地図で見る

メールでお問い合わせはこちら

過去の記事