ページ上部へ戻る

永田英之院長からのメッセージ
トップページ > 永田英之院長からのメッセージ

永田英之院長からのメッセージ

2016年01月07日(木)8:23 午後
Pocket

明けましておめでとうございます。東京漢方堂鍼灸整骨院の永田英之です。2016年が始まりましたね。
今年も皆さまの心とカラダの両面を全力でサポートしてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。  

1月の別名を“睦月(むつき)”といいます。睦月は、親しい人々が「睦み合う月」だからと言われています。年の初めに皆が集まって睦み合うという意味なのでしょうね。  
凍りついたアスファルトの路面の冷たさが靴底を通して沁(し)みてくる冬の最中ではありますが、街中には新春・迎春といった文字がおどっていますよね。
旧暦時代には、1~3月は春、4~6月は夏、7~9月は秋、10~12月は冬とされていました。1月は春の初めということで、立春(2月4日頃)、新春、迎春なのですが、
この呼び名をそのまま新暦に当てはめていることから、お正月に新春、迎春という言葉が飛び交っているのです。

また、1月7日といえば七草粥(セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ)。無病息災を願って七草粥を食べるのですが、春の七草の旬は旧暦の7日頃ですね。
旧暦の正月頃であれば、田んぼの脇などで簡単に手に入るはずなのですが、仕方がないのでスーパーで探してみてくださいね。   

年の初めを彩る花と言えば・・・“松”です!松は花とは言い難いものですが、正月の家々の玄関先を飾る門松のイメージから1月の花として見ていたのです。

当院では、漢方理論をもとに腸内環境の改善を中心に自律神経のバランスを調整することを得意としております。頭痛、肩こり、疲れやすい、冷え症、便秘、不眠症などでお困りの方は、体質別に生活や食事のアドバイスも行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。



«   |   »

東京漢方堂鍼灸整骨院

住所 〒116-0003
東京都荒川区南千住1-18-3
アクセス 日比谷線 三ノ輪駅から徒歩3分
都電荒川線 三ノ輪橋電停から徒歩1分
診療時間 8:00〜19:00(昼休みなし、日曜日17:00まで)
休診日 木曜日

電話番号



大きな地図で見る

メールでお問い合わせはこちら

過去の記事